給水システム変更工事

給水システムは、直結方式、水槽方式に分類されます。

直結方式には配水管の水圧で給水する方式(直圧方式)と、給水管の途中にブースターポンプを設置し、直結給水する方式(加圧方式)がある。また、これらを併用する方式(直圧・加圧併用方式)もあります。

給水システムには、それぞれの長所、短所があるため、それらを理解した上で、建物用途に合ったシステムを採用をお勧めします。

給水方式の特徴

タンク方式(図1・2) 直結方式
直圧方式(図3) 増圧方式(図4)
水質劣化の恐れ あり
(受水槽の清掃を要する)
なし なし
ストック機能 あり なし なし
本管への逆流の恐れ なし あり
(逆流防止機能付き止水栓または逆止弁が必要)
あり
(減圧式逆流防止器が必要)
設置スペース 大きなスペースが必要
(受水槽、ポンプスペース)
不要 小さなスペースでも可能
(ブースタポンプを設置)
維持管理 必要
(水槽の清掃、ポンプのメンテナンス)
不要 必要
(ポンプ及び減圧式逆流防止器のメンテナンス)
設置費用 高価
(受水槽やポンプが必要なため)
安価
(単純な配管形態のため)
比較的安価
(受水槽が不要であり、総合的に安価になることが多い)
本管圧力の有効利用 不可
(吐水口で大気解放)

(ただし、必要圧力が確保できる場合)

(不足圧をポンプにて加圧)
給水管口径 小さい 大きい 大きい

上記に挙げたように、それぞれの給水方式にはメリット・デメリットがあるため、建物毎に条件の合った方式を選択するといいでしょう。当社では給水方式変更の際、ご提案をさせて頂きます。

(1)加圧給水方式(図1参照)

加圧ポンプ方式は、高架水槽や圧力タンクを省略し、受水槽を水源として、ポンプによって直接必要箇所へ給水する方式です。
その方法としては、

  • ①定速モーターでポンプを運転する、定速方式(台数制御)
  • ②変速モーターでポンプを運転する、変速方式(回転制御)

があり、いずれの方式も、吐出管の圧力または使用負荷給水量の変化に応じて給水量を制御するものです。

メリット
・高置水槽方式と比較すると水槽が受水槽だけとなる。そのため、貯水されている期間が短くなるので若干は衛生的。
・停電や故障によりポンプが作動しなくなっても、受水槽に緊急災害用の採水口があれば、受水槽の水を使用できる。
デメリット
・停電や故障によりポンプが作動しなくなると、すぐに水が使用できなくなる。
・1年に1回実施する清掃や定期点検等の費用がかかる。
・約25年毎に水槽を更新する費用がかかる。

(2)高置水槽給水方式(図2参照)

高置水槽給水方式は、給水装置からの給水を、一旦受水槽に貯水した後、高置水槽へポンプで揚水貯留し、これより自然流下で必要箇所へ給水する方式です。

なお、この方式による一般の建築物で、高置水槽から使用上適当な水圧で給水できる高さの範囲は、10階前後(垂直距離 40〜50m)である。これ以上の超高層建築物については、高置水槽の設置場所が一層高くなり下層階への給水圧が過大となり、水栓やその他の器具の使用に弊害(水撃作用の発生、部品の過度の摩擦等)を伴うため、建物の給水区域をいくつかの層(ゾーン)に分け、中間水槽あるいは減圧弁を設置し、給水圧力を調整しなければなりません。

メリット
・本管からの給水が断水になっても、水槽(受水槽、高置水槽)が空にならない限り水を使用できる。
・停電や故障により揚水ポンプが作動しなくても、高置水槽が空にならない限り水を使用できる。また、受水槽に緊急災害用の採水口があれば、受水槽の水も使用できる。
デメリット
・水槽内に常に水が貯水されているので、定期的に清掃しないと不衛生になる。
・1年に1回実施する清掃や定期点検等の費用がかかる。
・約25年毎に水槽を更新する費用がかかる。
・重力による給水のため、上階は水圧が低くなる。
・屋上に水槽があると美観を損なう。

(3)直結直圧給水方式(図3参照)

配水管からの圧力を利用し、給水する方式です。

建物の規模や地域によってこの方式にできるか異なります。停電時も給水可能である。

メリット
・水槽に貯水しないので常に衛生的。
・水槽等の設備を設置するスペースが不要なので、敷地を有効に使用できる。
・水槽やポンプ等の設備が不要のため、定期的な点検費用や電気代等が不要。
デメリット
・本管からの給水が断水になると、すぐに水を使用できなくなる。
・低層の建物でしか採用できない。(地域により異なるが3階程度まで)

(4)直結増圧ポンプ方式(図4参照)

直結直圧給水方式で配水管からの圧力が足りない場合、増圧ポンプを利用し、高層階への給水を可能にする方式。

停電時、高層階は断水になります。

メリット
・水槽に貯水しないので常に衛生的。
・水槽等の設備を設置するスペースが不要なので、敷地を有効に使用できる。
・水槽がないので、定期的な点検費用等が不要。
デメリット
・本管からの給水が断水になると、すぐに水が使用できなくなる。
・停電や故障により増圧ポンプが作動しなくなると水が使用できなくなる。(本管からの直圧で配水できる低層階は使用可能)
・地域により直結増圧ポンプ方式を採用できないことがある。

お問い合わせ

  • 将来10年保証

    お問い合わせ・資料請求

    無料見積もり

    株式会社コウセイの安心の理由。

    各種施行実績(平成29年)
    給水管更生工事 39物件
    給水管更新工事 25物件
    排水管更生工事 34物件
    排水管更新工事 21物件
    給湯管更生工事 12物件
    給湯管更新工事 6物件
    給水システム変更工事 24物件
    劣化診断調査 49物件
    漏水調査・内装復旧工事 36物件
    配管洗浄・清掃 28物件
    その他給排水設備工事 32物件
    その他設備工事 118物件
    許可項目
    ISO9001・ISO14001 認証取得
    Pマーク 取得
  • ページトップ

    Copyright © KOUSEI 2011 All Rights Reserved.