Service事業内容

給水管更生工事

今ある給水管を残しながらも、管内の汚れの除去と最新の加工技術により、
衛生面でも耐久面でも安心安全な給水管へと生まれ変わらせる工法です

給水管ライニング工法は昭和53年ごろに開発され、その後、既設建物給水管の延命工法の主流となっています。
長年にわたり培ってきたライニング技術をもとに、より高度な技術へと改良を重ね、技術審査証明された「給水管更生工法」で安全かつ衛生的な水を確保し、皆様の健康で快適な生活のお手伝いをいたします。

コウセイ給水管更生工法の4大特徴

01

品質重視の室内2日間工法(実質1日半)

2方向研磨・2回ライニングでありながら、塗膜性能を維持しつつ2日間で室内施行を完了します。冬季も新技術「加圧・加熱法(特許)」により2日間で施行します。

02

継手部分にも完璧を期した2方向からの研磨

2方向からの研磨によって、エルボなど曲がり管のさびを除去。より確実な研磨を実現しました。また、スーパードライ圧縮空気による清掃及び乾燥は、塗膜の付着性能を向上させます。

03

継手部分の塗り残し防止と膜厚確保のため2方向からのライニング

ライニングを2方向から行うことで塗り残し及びピンホール防止と十分な膜厚を確保し、さびの再発を防ぎます。また、スーパードライ圧縮空気方式により管内への水分混入を防止し確実に塗膜を形成します。

04

安全・衛生面にも優れた高品質塗料

高品質エポキシ樹脂塗料は無味、無臭で、人体には無害。厚塗り性、密着性、耐久性、耐水性に優

※室内1日の工法にも対応していますので
お問い合わせください。

給水管更生工事の流れ

  • 工事準備
  • 室内養生
  • 管内乾燥
  • 研磨
  • 研磨度検査
  • 機密テスト
  • 一次ライニング
  • 塗膜硬化
  • 二次ライニング
  • 塗膜硬化
  • 塗膜検査
  • 復旧・通水
  • 水圧テスト
  • 水質検査
  • 引き渡し